車の運転にもだいぶ慣れてきました

   

今では自動車免許取得から数年が経過し、車の運転にもだいぶ慣れてきましたが
初心者マークを付けていたころは車に乗るたびにひどく緊張していました。

私が免許を取得するために通っていた教習所は住んでいたところから遠い田舎の
教習所だったので、路上教習を行ったといっても車のほとんど走っていない田舎道での教習や試験だったので
いざ免許を取得した後自宅に帰宅しても交通量がおおい都会では教習で習った事がほとんど役に立ちませんでした。

最初特に苦戦したのが幹線道路などで行う車線変更で、田舎道では車線変更を行うような道がそもそもなく
自宅に戻ってからが車線変更ほぼ初体験というレベルで、父に同乗してもらってできるだけ車が少ない道路を使って日々練習に励んでいました。

また交差点での右折左折も同様で、後ろの車に急かされながら曲がるという経験を教習では
したことがなかったので、周りの流れに合わせてスムーズに曲がっていくということを習得する事も大変でした。

周りの車も初心者マークを付けている私の車にはほとんど近づいてきませんが、街に入ると交通量の加減などからやむ終えなく接近してくる車も増え、買い物などで街に出かけるときはいつも手汗がびっしょりで大変でした。

このような経験で神経をすり減らしながらも徐々に経験を積み、今では苦手だった車線変更も余裕で行えるようになり、また街に出かけても特に緊張することなく運転できるようになっています。

 -未分類

  関連記事

no image

免許証をもらっても乗ったのは2回ほどというありさま。

車の免許は高校3年生、18歳の時にとりました。 しかしながら、免許証をもらっても乗ったのは2回ほどと

no image

びくびくしながらの運転だったのをよく覚えてる

免許を取ったばかりの頃は初心者マークを付けて車の運転をする事になり、最初は普通に対向車が通るだけでも

no image
車の運転にもだいぶ慣れてきました

今では自動車免許取得から数年が経過し、車の運転にもだいぶ慣れてきましたが 初心者マークを付けていたこ

no image
びくびくしながらの運転だったのをよく覚えてる

免許を取ったばかりの頃は初心者マークを付けて車の運転をする事になり、最初は普通に対向車が通るだけでも

no image
免許証をもらっても乗ったのは2回ほどというありさま。

車の免許は高校3年生、18歳の時にとりました。 しかしながら、免許証をもらっても乗ったのは2回ほどと